Archives for トレッキングリポート category

IMG_6336

 

 

 

 

 

 

 

ギリギリまで心配されたお天気は・・・何と、晴れ!

素晴らしい天候に恵まれ、楽しい楽しいウォーキングとなりました。ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました!!!

写真は「めがね橋」をバックに・・・今回のテーマ「萌ゆるみどり 初夏の碓氷峠」どおり、皆さんの笑顔とめがね橋のレンガと美しい緑が一幅の絵のようですねー。見学した「鉄道文化むら」では、思いがけずJRのOBの方による説明をお聞きすることができ、とっても勉強になりました。

また、秋の会にもぜひご参加下さいませ!

IMG_6284

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキング下見シリーズは今日で最終となりました。

私たちは下りのコース取りをしたので、たどり着く先は「アプトの道起点」となります。車を熊ノ平駐車場に置いてきたので、又戻らなくちゃならないのですが・・・。うーん、その事は余り考えないこととしましょう・・・。

IMG_6288

 

 

 

 

 

 

 

ここは、横川駅。高崎から伸びる信越本線はここ横川駅で途切れます。線路も先に続いていないので何だか寂しく感じます。平成9年10月1日に北陸新幹線の高崎駅~長野駅間が先行開業し、横川駅~軽井沢駅間が惜しまれながら廃止されたのです。まぁそのお陰で今回このアプトの道を歩けるわけですが、開業までの苦労をご存知の方には本当に辛く寂しいことだったでしょうね。

IMG_6289

 

 

 

 

 

 

 

横川駅の土手の桜は満開で私たちを迎えてくれました。雪の中を歩き始めたのが嘘のよう・・・。それだけ標高差もあると言うことですね。

IMG_6290

 

 

 

 

 

 

 

そして締めは・・・なんと言っても「峠の釜飯」♡♡♡ ここまで来たのだから買って帰らなければ!!!

現在釜飯は1個¥1,080。ご存知のように益子焼の釜に入って売られています。陶器なのでそれなりの重さがあるのですよね・・・お店が閉まってはいけないと思い、先に買い込んでリュックに入れて運ぼうと思いましたが・・・その重さに断念!予約だけして急いで帰らなければなりません。鉄道文化むらの見学もできずに着いたと思ったらとんぼ返り!何度も言ってますが、帰りは登り・・・。もう時間を取る必要もありませんから、ただひたすら来た道を帰るのみ。これがまた長く感じるのです。途中、峠の湯でしばし休憩し、約1時間50分ほどで熊ノ平駐車場まで戻りました。いやぁ~登りはいい汗かきました(笑)もちろんおぎの屋の営業時間には間に合い。頼んでおいた釜飯をゲットし帰途についたわけです。

長ーい下見シリーズにお付き合い頂きありがとうございました。ウォーキングの本番は5月18日。既に満員御礼の状況です。後はお天気に恵まれるように祈るのみ!

IMG_0948

 

 

 

 

 

 

 

昨日の午後のことです。黒い雲が出て来たなぁと思ったら、冷たい風が吹いてきて・・・ヒョウの嵐でした。テントの上に溜まっているのは、そうヒョウなんです。雷も結構鳴り響き・・・さっきまでの暑いくらいの陽気が一転!いやぁ~天気予報当たりますね。

IMG_6272

 

 

 

 

 

 

 

丸山変電所からはまーっすぐな道となります。先が見えると凄く長く感じます・・・上に見えてきたのは上信越自動車道。横川サービスエリアの少し軽井沢寄りになります。この下を歩くなんて・・・ビックリ!

IMG_6273

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ下ってきました。線路脇の桜が満開です!

IMG_6274

 

 

 

 

 

 

 

鉄道文化むらも見えてきました。

IMG_6282

 

 

 

 

 

 

 

鉄道文化むらでは電車の運転もできるのです!マニアにはたまらないでしょうね。この時は同じ方が何回も運転していましたよ(笑)予約が必要なようです。

碓氷峠鉄道文化むら https://www.usuitouge.com/bunkamura/index.php こちらにてご確認下さい。

さぁ、ゴールは間近です!!!

IMG_6257

 

 

 

 

 

 

 

今回のウォーキング見所の一つ「丸山変電所」が見えてきました。左右の枯れ木は「もみじ」本番の頃には緑になっていることでしょう!

IMG_6259

 

 

 

 

 

 

 

「丸山変電所」は明治45年。碓氷線の電化に伴い造られました。2棟の建物からなっていて、奥の建物が蓄電池室、手前の建物(少ししか写っていませんが・・・)が機械室です。ここの役割は、発電所からの電気を機関車に供給することだったので、昭和38年の新線開通に伴いその役割を終えました。その後、日本の近代化に貢献した鉄道施設の様子をよく示すものとして、平成6年に国の重要文化財に指定されました。

IMG_6264

 

 

 

 

 

 

 

工場建築に近い・・・とのことですが、なかなかおしゃれなんです。横から見ると教会のよう!!!ぜひ、大勢の方に見てもらいたい建物です。

IMG_6238

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキングの下見に戻ります!

熊ノ平駅から3分の2ぐらい下りてきました。ここは「峠の湯」です。弱アルカリ性の天然温泉の日帰り施設。廃線歩きのすぐ脇にあります。そして、ありがたいことにウォーキングの方が使えるトイレも・・・いつも悩ましいところなのですが、本当にありがたい!

IMG_6241

 

 

 

 

 

 

 

お城のようにそびえ立つ立派な建物です。2001年にOPENしたとのこと。そう・・・このアーチは・・・めがね橋をイメージして設計されたのだそうです。ゆっくり湯に浸かりたいところですが、まだまだ下見の途中!先を急がなければなりません。

IMG_6239

 

 

 

 

 

 

 

峠の湯の反対側にあるのが「峠の湯駅」実際に使われていますよー!横川駅のすぐ脇にある「鉄道文化むら」~「峠の湯」まで一日5往復のトロッコ列車が走っているのです。(運行日は限定されていますので要注意!)鉄道文化むら+トロッコ列車往復+峠の湯のセット料金が¥1,700/中学生以上 こちらも一度試してみたいですね。

IMG_6245

 

 

 

 

 

 

 

トロッコ列車に使われている線路です。線路が廃線とならずに実際に使われるというのは良いことですね。何だか少しだけ ”ほっ” するような気がします。

八ヶ岳は昨日の午後から冬になっています。アラレが降ったことで一気に気温が下がり震える寒さです。当然ストーブが欠かせない状況となっています。気温差が激しいので八ヶ岳にお越しの際には暖かい服装でお越し下さい!

でも・・・気温が下がったお陰で周辺の山々がとても美しいですよ!白く染まった八ヶ岳・南アルプス・・・富士山もまたまた中腹まで白い姿となっています!

IMG_6219

 

 

 

 

 

 

碓氷湖を出発!

もう第2トンネルまで来ました。第2トンネルの上には国道18号が通っています。

IMG_6227

 

 

 

 

 

 

 

そのすぐ先には、この立派な石垣が登場します。本当に隙間がないぐらいきっちり積まれていてお城の石垣の様です。職人の心意気を感じられるところですね。

IMG_6228

 

 

 

 

 

 

 

残すトンネルは左に映っている第1トンネルのみとなりました。と思ったら右側に「中山道」と言う案内が・・・これは行ってみるしかありません。そう、去年は岐阜から長野県境の中山道を歩きましたからね(^_^)

ここは群馬県最後の宿場「坂本宿」から碓氷峠を越える入口辺りです。ここからは急坂が続く難所・・・坂が緩くなると県境の「熊野神社」へ。そこからはすぐに軽井沢です。坂本宿は中山道六十九次のうち江戸から数えて17番目の宿場で40軒も旅籠がある大きな宿場町だったそうです。軽井沢宿は18番目。碓氷峠は中山道の時代も碓氷線の時代も難所だったのですね。

IMG_6208

 

 

 

 

 

 

 

続いて現れるのは「碓氷湖」です。周囲2㎞ほどの小さな湖です。静かな湖に似合わない朱色の派手な橋が架かっています。多分・・・周囲が紅葉すれば溶け込むのでしょうが、まだ枯れ木の間は何だかなぁ・・・。周りには桜の木が植えられていて、満開の頃にはきっと美しいでしょうねぇ。

IMG_6214

 

 

 

 

 

 

 

碓氷湖には「坂本ダム」があります。これも小さなダムで、発電用ではなく流水の調整ダムなのだそうです。左の奥に映っているログハウスは立派な管理事務所。こんなところにもお金を掛けるのですねぇ???

IMG_6212

 

 

 

 

 

 

 

秋の夕日に~♪ 照る山紅葉~♪ そう、日本人なら誰でも知っている高野辰之作詩の「紅葉」・・・。実は詩の舞台となっているのが碓氷峠の熊ノ平駅近辺と言われているのです。高野辰之は長野県の出身で、東京と郷里の長野県を行き来する際にはこの信越本線を利用していたのです。今回のウォーキングでは紅葉の新緑をご覧いただけることと思いますが、このあたりは紅葉の名所なのです。きっと車窓から目にした風景を詩にされたのでしょうね。

IMG_6177

 

 

 

 

 

 

 

到着しました「ねがね橋」!写真ではその大きさやレンガの芸術的な美しさなどがお伝えできずに残念・・・。

IMG_6171

 

 

 

 

 

 

 

下から見上げたところ。逆光でこちらも上手く撮れず・・・。

正式には「碓氷第三橋梁」と言います。長さは約91m、高さは何と約31m、碓氷線最大のレンガのアーチ橋です。明治25年4月から基礎工事を始め、9月25日に橋脚が完成。明治25年12月に竣工。明治26年4月に碓氷線が開業されます。スゴイ早さですね!!!そして・・・昭和38年までここを列車が走っていたのです。

当初は橋脚が細かったのですが、地震によりひび割れがあり明治27年に補強され現在の姿になったそうです。

IMG_6190

 

 

 

 

 

 

 

橋梁の上はこーんな感じ。ここを列車が走っていたのですね。トンネルから抜け景色が見える大事な一瞬だったことでしょう。

 

About Author

株式会社 アットライフ八ヶ岳:
山梨県北西部、向かいに富士山、南アルプスを望む 八ヶ岳の広大な山裾。 標高1,150mに立地する不動産、別荘管理会社です。 豊かな自然に囲まれたこの地で、 お客様の安心で快適な高原ライフを 応援させていただく中、周辺、生活情報や、 日々うつろう四季をスタッフの感じるままにお届けしています。